器用貧乏社長のDIY奮戦記

器用貧乏社長の「節約のため?」のDIY奮戦記です。

0209

自動車のパンク修理、プラグ式とパワーバルカシール式と両方やってみた結果。  

パンクしたので修理です。
パンク 
石鹸水を霧吹きで吹きかけて穴の位置を特定。
パンク 
大昔に買ったプラグ式のパンク修理キット。
プラグが1個残っていたのでそれを使います。
パンク パンクパンク穴を大きくしてプラグに接着剤を付けて入れるだけの簡単作業。
1時間放置後、再度石鹸水で空気漏れの確認・・・
なんと、空気が漏れている((+_+))
タイヤを買い替えるか~
なんか、一本だけ変えるのもなんだな~ってことでオートバックスに行ってパワーバルカシール式のパンク修理キットを買ってきました。
パンク パンクパンク
作業的にはたいして変わりませんがパワーバルカシールを押し込むのがちょっときついです。
空気漏れは完全に止まりました。

両方試してみて思うのですが、プラグ式は簡単で良いのですがうまくいったりいかなかったりと微妙です。
パワーバルカシール式はかなりしっかりふさぐって感じで好感が持てます。


Posted on 2017/02/09 Thu. 13:57 [edit]

CM: 0
TB: --

« エアロバイクの代わりにロードバイクもどきとサイクルトレーナー  |  布製チェーンweissenfels(バイセンフェルス) 4輪につけてみた。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

  

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ