器用貧乏社長のDIY奮戦記

器用貧乏社長の「節約のため?」のDIY奮戦記です。

0115

ATオイルポンプシール交換  

オイルシール交換
MR2に乗らなくなった最大の原因のATFの漏れ。
案の定オイルポンプのシールが劣化してオイルが漏れていたようです。
オイルシールを取り外すのですがマニュアルにはSSTを使えって書いてあります。
オイルシール交換 
このスライディングハンマー型のSST。なんと12,000円ぐらいします。
高い!
そこで、ドリルで小さな穴を開けてビスをねじ込んで所有しているアストロプロダクツのスライディングハンマーで引っ張ろうとしたのですがリングの幅が狭くてうまく穴が開きません。
オイルシール交換 
工具を自作しようかと考えていたのですが、ダメもとでストレートのテコの原理で外すオイルシールプーラーを買ってみました。
オイルシール交換 
ミッションのケースとオイルシールプーラーの持ち手部分が当たってしまい大変でしたが何とか外れました。
新しいオイルシールにグリスを塗って。
オイルシール交換 
SSTを買うのはもったいないので下水管の継ぎ手でちょうどよい大きさの物があったのでそれを使ってプラスチックハンマーで慎重に打ち込みました。
オイルシール交換 オイルシール交換



Posted on 2017/01/15 Sun. 17:48 [edit]

CM: 0
TB: --

« 完全になめてしまったボルトを切断してマフラーと触媒を分離  |  足を固めた車の雪道は、これがベスト!布製チェーンweissenfels(バイセンフェルス) »

コメント
コメントの投稿
Secret

  

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ